ペニス増大手術の種類

ペニス増大をする手術の種類は様々です。
メスを入れて手術する方法だけではなく、薬剤をペニスに注入することでペニス増大する治療法が近年の主流となっています。

注入する薬剤はクリニックによって異なり、組み合わせで増大の効果や安全性、手術の価格などが異なります。
特にペニス増大に利用されることが多いのが、ヒアルロン酸とコラーゲンの2種類です。

ただし、ヒアルロン酸・コラーゲン以外にも種類があります。
効果などは種類で大きく違ってくるため、カウンセリングや相談をする際に確認しておくことをオススメします。

よく使用されるのがバイオアルカミドという水とアミドイミドアルキルという成分から合成されたジェルで、生体分解されず長期的に増大する安全性の高いジェルとして人気です。

アクアミドも人気の成分です。
水とポリアクリルアマイドという成分で構成されていて、これも生体分解されず半永久性のある効果が期待できます。

ペニス増大手術時の痛み

ペニス増大手術を受けたいけれど、痛みが不安というケースもあります。
ペニス増大手術を行う前には、必ずどこのクリニックでも局所麻酔を行うことが一般的です。

当然局所麻酔をするときには注射をするため、その分の痛みは伴います。
薬剤を入れるときには、局所麻酔が効いているため基本的には痛みがないと考えられます。

麻酔時の痛みは、使用する麻酔の種類・量・注入方法・医師の技術力によって変わってきます。
技術力の高い医師に行って貰えば痛みを感じなかったと場合もある上、ペニスを増大する際の薬剤なども痛みなく効果的に注入してもらえるためできるだけ評判の良い医師を見つけるということも大切です。

また、クリニックによって局所麻酔を行っても痛みがあるという場合には、表面麻酔や眠らせる麻酔など他の種類の麻酔を使ってくれます。
このような柔軟な対応をしてもらうためにも、ペニス増大を専門的に行っているクリニックなどを選ぶと安心して手術をしてもらえます。

まとめ

ペニス増大手術を成功させるためには、技術力の高い医師を見つけることがポイントです。
中には格安で手術をするという広告を出しているクリニックもありますが、安い分だけ技術力が低く痛みのある手術をされたり、麻酔代などが高額請求されてしますケースもあるため注意が必要です。

評判の良いクリニックやペニス増大専門クリニックを探しますが、気になったところでは必ずカウンセリングを受け、料金や痛みなど気になる部分の相談をしっかり行ってから施術を受けるように心がけます。